アドバンスとは | 弁護士法人アドバンス
 
アドバンスとは取扱業務弁護士・スタッフ報酬規程アクセス採用情報

MISSION

すべての人に、質の高く分かりやすい法律サービスと満足を

アドバンスとは、特定の個人や企業の為にある法律事務所ではなく、
すべての人の為の法律事務所です。
 
アドバンスとは、法律業界にありがちな「分かりにくさ」を一切排除した
優れた合理性を持つ法律事務所です。
 
アドバンスとは、顧客に徹底的に寄り添い、
質の高いサービスと満足を提供する法律事務所です。
 
アドバンスが考える優れた法律サービスとは
課題解決力、品質、サービス、価格、その全てが適切に組み合わされたモノです。
 
すべての人に、質の高く分かりやすい法律サービスと満足を。
 
それにより、お客様と世の中の課題を解決し、
より豊かな暮らしと「Law for all」を実現します。

STATEMENT

法律の一歩先へ

私たちが提供するサービスは単なる法律的解決ではありません。
各分野で高い専門性を持っているからこそ提供出来る
法律がまだ追いついていない問題への柔軟な対応と
顧客との深いコミュニケーションから生まれる満足です。
 
その上で私達が目指すのは、業界のルールや慣習から解放されたような、
ありそうで無かった新しい法律事務所です。
 
それは、「専門性」を極めた法人だけを相手にする法律事務所ではありません。
単なるロープライスや気軽さといった「分かりやすさ」を売りにする法律事務所でもありません。 
 
それは、事業や人生において「高み」を求めて訪れる人、「助け」を求めて訪れる人。
その両者から必然的に選ばれる法律事務所です。 
 
だからといって、従来の分かりやすさ、顧客との深いコミュニケーションを失ったわけではありません。
分かりやすさを入り口に、より良い法律サービスを追求した先に、
「すべての人に、質の高く分かりやすい法律サービスと満足を」提供する
という領域に突入してしまったということ。 
 
つまり、従来の法律事務所から「専門性」と「分かりやすさ」を併せ持った、
ありそうでなかった新しい法律事務所へのシフトです。
 
 
それを私たちはこう宣言します。

法律の一歩先へ

LOGO DESIGN

FOUNDATION FOR ALL
 
これが新しいロゴデザインコンセプトです。
 
すべての人を支える土台となるような地平線を表現した一本の線により、
まるで分母のようにアドバンスが人々を支える姿勢を表します。
 
また、それが文字の上に僅かにずらして配置されることで、
ステートメントである「法律の一歩先へ」を象徴すると共に、
アドバンスが目指すビジョンに向かって前進するという方向性を表現しています。
 
一本の線及び文字の形状は、これから長く使用されることを考慮し、
シンプルで不変的なデザインとすることで時代に流されない力強い造形となっています。

法人概要

名称 弁護士法人アドバンス
Advance Legal Professional Corporation
URL http://advance-lpc.jp/
設立 2014年(平成26年)9月1日
代表社員 五十部 紀英(いそべ としひで)
日弁連届出番号 828
主たる事務所所在地 東京事務所(第一東京弁護士会所属)
〒100-0006  東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10F
従たる事務所所在地 埼玉事務所(弁護士法人アドバンス埼玉長谷川法律事務所)(埼玉弁護士会所属)
〒332-0012 埼玉県川口市本町4-13-3 デュオプラザ川口壱番館203-3
従たる事務所所在地 福岡事務所(福岡県弁護士会所属)
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-11-17 福岡ビル7階
連絡先 [ TEL ] 03-6268-9517  [ FAX ] 03-6268-9518  [ メール ] info@advance-lpc.jp
取扱業務 [ 法人のお客様向け ]
顧問弁護士/債権回収/法人破産・事業再生/契約書作成・チェック/社外監査役・取締役/
任意売却/土地・建物明渡等の不動産案件/
先端法務(知的財産、スポーツ・エンターテインメント、フランチャイズ)/
ベンチャー法務(スタートアップ、IT、IPO)/事業承継/M&A/労働相談/海外進出支援/
国際取引/不動産・法人登記/医道審議会/外国人労働者のビザ申請/原子力損害賠償など
 
[ 個人のお客様向け ]
交通事故/B型肝炎給付金請求/遺産相続/離婚問題/刑事弁護・少年事件/
債務整理(破産、民事再生、任意整理、過払金回収)/労働問題/消費者被害など