アドバンスとは 取扱業務 弁護士・スタッフ 報酬規程 アクセス 採用情報
HOMECOLUMN

ストーカー規制法

2015年4月10日 豆知識 

皆さま、こんにちは。
 
4月に入り、天気が悪い日が多いですが、いかがお過ごしでしょうか。
急に寒くなったり暖かくなったり服装に困る日が続いております。どうか風邪にはお気をつけください。
 
本日は、最近話題のストーカーについてお話してみたいと思います。
ストーカーといっても、どういうものがストーカーにあたるのか、意外と知られておりません。

ストーカー規制法は、
① つきまとい、待ち伏せ、見張り、家に押し掛けるなどして、相手に不安を与える
②行動を監視していることを告げるなどして、相手に不安を与える
③面会、交際等、相手に義務のないことを要求して、相手に不安を与える
④暴言や乱暴な行動をして、相手に不安を与える
⑤無言電話や、連続して電話をかけたり、FAXを執拗に送信したりする
⑥汚物や動物の死体を送るなどする
⑦性的羞恥心を害することを言う、そのような文書や写真を送るなどする
⑧乱暴な言動

などをつきまとい等としています。
また、今までメールはストーカー規制法の対象外でしたが、改正ストーカー規制法は、嫌がる相手に執拗にメールを送る行為もその対象とされました。
このつきまとい等の行為を、同一の者に対して繰り返して行う行為をストーカー行為とし、罰則を設けております。
 
ストーカー行為は、夫婦間においても成立することはあまり知られてはいません。そのため、泣き寝入りしている方も多いと思います。また、その際はDV防止法が適用される余地もあります。

弁護士法人アドバンスでは、ストーカー被害にあっている方々の手助けも行っております。警察に相談することはもちろんですが、弁護士に相談し、実質的な解決を図っていくことも重要です。
特に、話し合いを行う際は、当事者同士では難しいことが多いので、弁護士が代理して行うことができます。
まずは一度ご相談ください。


弁護士法人アドバンスのサービス紹介

どのようなご相談でも一度弁護士法人アドバンスまでご相談ください。
このコラムを読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。
2015.09.15  キラキラネームの功罪
2015.11.03  写真のSNS投稿で訴えられる可能性が!?
2017.05.22  「ホタル族被害者の会」が結成 受動喫煙~どこまで許す?
2018.04.20  話題の「HACCP」読み方は?オリンピックとの気になる関係
2017.11.13  歩きスマホのトラブル「当たり屋」にご用心