豊富な法律相談実績と企業法務に強い法律事務所なら弁護士法人アドバンス

電話で相談する
メールからのご相談はこちら
HOME法律コラム離婚後300日問題と無戸籍児問題

離婚後300日問題と無戸籍児問題

2015年8月25日 豆知識 




以上のように、いわゆる「離婚後300日問題」、「無戸籍児問題」は、子の福祉の観点からもスピーディーに解決すべき問題です。
嫡出否認の手続については、元夫が子の出生を知ったときから1年以内に行う必要があり、それ以降ですと、仮にDNA鑑定などで元夫の子でないと明らかになった場合でも嫡出の推定を覆せません。これについては、最高裁判所が平成26年7月17日判決において、DNA鑑定などの科学的証拠よりも嫡出推定の規定が優先されることを明らかにしています。
弁護士法人アドバンスでは、「離婚後300日問題」、「無戸籍児問題」について取り組ませていただいております。
お気軽にご相談ください。


このコラムを読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。
2017.04.17  出発前に旅行会社が破産したら代金を取り戻せるか
2017.10.17  紅葉の秋・実りの秋と落ち葉トラブル
2018.04.20  話題の「HACCP」読み方は?オリンピックとの気になる関係
2015.02.27  リベンジポルノは誰の身にも起こり得る
2017.05.22  「ホタル族被害者の会」が結成 受動喫煙~どこまで許す?