アドバンスとは取扱業務弁護士・スタッフ報酬規程アクセス採用情報
HOMECOLUMN

借金を相続してしまったら

2016年6月21日 相続問題 

平素より弊事務所のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。
 
弊事務所でも相続に関するご質問を非常に多くいただいており、また当コラムでも、何度か相続に関する話題を取り上げております。
相続の際、預金・不動産・株式等必ずしもプラスの財産だけではなく、借金・保証人の立場など、マイナスの財産も相続の対象となります。
いざ、相続財産を調査したところ、借金の方が多かった・・との状況も珍しいことではありません。
今回は相続の方法をいくつかご紹介いたします。
 
「相続放棄」
相続放棄とは、マイナスの財産(借金)を相続しない代わりに、プラスの財産(預金・不動産等)も相続しない方法です。相続放棄は、相続の開始があったことを知ってから3か月以内に家庭裁判所での手続きが必要となります。この手続きによって、自分は最初から相続人ではなかった、ということになります。その際、自分が相続放棄することによって、別の方が新たな相続人となるケースもありますので、ご親族間での話し合いも重要となります。
 
「限定承認」
限定承認とは、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産も相続する、という手続きです。
もし、今住んでいる家だけでも残したい、マイナスの財産がどのくらいあるかわからない、というような状況で利点はあります。こちらも相続放棄と同様に3か月以内に家庭裁判所への手続が必要となります。また、相続人全員の同意が必要となるので、注意が必要です。
 
「単純承認」
単純承認とは、プラスの財産もマイナスの財産もすべて相続する事です。特に手続きは不要です。相続後、遺産分割の手続き等が考えられます。
 
以上、簡単ですが相続の方法についてご説明となります。
ただ、いずれの手続もメリット・デメリットがございます。
弁護士法人アドバンスには、相続についても経験豊かな弁護士が在籍しております。先ずはお気軽にご相談ください。また、相続放棄・限定承認は、原則3か月以内の手続が必要となりますが、もし3か月を経過してしまっていても、諦めずにご相談ください。
 
なお、現在借金があり、相続が発生する前に整理をしたい方もいらっしゃると思います。
相続と同様に、任意整理・破産・過払い金回収等にも経験豊富な弁護士・専門のスタッフも在籍しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。


今回のコラムに関する業務

このコラムを読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。
2016.08.23  相続の判例と弁護士の役割

2015.12.22  対策はお早めに

2016.06.28  中小企業経営者・個人事業主が知っておきたい相続のこと

2016.05.24  今すぐできる相続対策

2016.07.05  遺産分割調停で注意すべきこととは