アドバンスとは取扱業務弁護士・スタッフ報酬規程アクセス採用情報
HOMECOLUMN

中小企業経営者・個人事業主が知っておきたい相続のこと

2016年6月28日 相続問題

皆さまこんにちは。
いつも弊事務所のコラムをお読みいただき、ありがとうございます。
 
今回は、中小企業を経営している経営者の皆様、個人で商売をしている個人事業主の皆様向けに、今まで築き上げてきた財産にまつわる問題を、弁護士の視点から取り上げたいと思います。
 
皆様も、いつかは年を取り、仕事の引退、そして相続のことを考えると思います。長くご商売をされてき方は、今まで築き上げてきた財産をどうするか、どのように相続されるかも気になるところだと思います。特に、多くの財産がある場合、相続争いが起きることはよくあることです。今回は、相続争いが起こらないようにするためにはどのような対策をすればよいのか考えてみます。
 
今回は、後継者への事業用財産の承継を考えてみます。後継者への事業用財産の承継の方法は、大きく分けて3つ考えられます。
 
一つ目は、相続前の「生前に,事業用の財産を後継者に譲ってしまう方法」です。この方法は、売買で後継者に譲る場合は後継者に資金があるかが問題となり、贈与で後継者に譲る場合は贈与税の負担が問題になります。
 
二つ目は、相続前の「生前に、事業承継の準備をして死後に事業承継を実現させる方法」です。この方法には、遺言と死因贈与というやり方がありますが、どちらの場合も相続に伴う遺留分対策、相続税の負担が問題になります。さらに遺言の場合、書き方にも注意が必要であり、この点は、法律の専門家である弁護士に確認するのがベストです。
 
三つ目は、相続前の生前には何も準備せずに、「後継者を含む相続人間の遺産分割協議に従って決める方法」です。この場合、経営者様、個人事業主様の死後にどのように話がまとまるかが問題になってきます。
 
このように、後継者への事業用財産の承継の方法は、相続前の生前に準備をする方法と、何も準備をしない方法とがありますが、やはり、相続にまつわる紛争を予防するためには、相続前の生前に準備すべきということになります。せっかく築き上げた財産なのですから、それが紛争の種にならないように、事前に対策を取りましょう。
 
弁護士法人アドバンスには相続問題の経験が豊富な弁護士・専門のスタッフも在籍しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。


今回のコラムに関する業務

このコラムを読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。
2016.08.09  終活(遺産分割、遺言)について家族で話し合ってみませんか?

2016.08.23  相続の判例と弁護士の役割

2016.05.24  今すぐできる相続対策

2015.11.17  相続が争族にならないために

2016.03.15  認知症高齢者を介護する家族の損害賠償責任