アドバンスとは取扱業務弁護士・スタッフ報酬規程アクセス採用情報
HOMENEWS

週刊現代2014年10月18日号に弊所弁護士のコメントが掲載されました。

2014年10月8日 メディア情報

週刊現代の2014年10月18日号掲載の「野村證券vs.日本IBM 感情ムキ出し「33億円」の大ゲンカ」と題する記事で、弊所代表弁護士五十部紀英のコメントが掲載されております。

勝負の行方はどうなるのか。システム開発をめぐる訴訟に詳しい弁護士法人アドバンス代表の五十部紀英弁護士が言う。
「最近の判例ではベンダー(売り手)側、つまりは今回のケースでいうとIBMのマネジメント義務が問われることが多い。さらに今回は、IBMとのプロジェクトを断念した後に、野村が依頼した野村総合研究所がシステムを完成させているので、IBMが不利といえます。ただ、ユーザーである野村も協力義務を果たしていなければならない。野村が無理な要求をしていたということが証明されれば、野村に不利な判決となりえます。どちらがより重い義務違反を行ったかが問われるわけです」
(週刊現代2014年10月18日号「野村證券vs.日本IBM 感情ムキ出し「33億円」の大ゲンカ」53頁)

記事全体をお読みになりたい場合は、お近くの書店、駅売店等でお買い求めください。また、こちらよりオンライン上でもお読みいただくことができます(要会員登録)。

IMG_8334

IMG_8331

IMG_8333