アドバンスとは取扱業務弁護士・スタッフ報酬規程アクセス採用情報
HOME取扱い業務システム開発
システム開発
契約書作成・チェック
瑕疵担保責任
未払報酬

システム開発に関して以下の様なお悩みを
お持ちではありませんか?

ユーザーから訴えられた

システムの完成度について
見解が一致しない

バグが発生して損害が出た

ユーザーが費用を支払わない

契約書について
アドバイスが欲しい

 

悩みをお持ちのお客様へ

システム開発に関する契約は、完成の定義があいまいだったり作業の進行を管理するべき責任の所在があいまいとなりやすいことから、トラブルが発生しやすい分野です。また、システム開発トラブルは損害が拡大しやすく、損害賠償金額が高額になりやすいという特徴もあります。
契約書で決めるべきことを決めておくことが一番ですが、トラブルが発生してしまった場合は専門的な主張をしていく必要があります。アドバンスでは、過去多くのシステム開発トラブルを解決に導いた実績がありますので、お困りの方はぜひご相談ください。アドバンスにご相談いただくことが、問題解決の第一歩となります。

アドバンスでは、システム開発分野での法律相談についてご相談いただくお客様ひとりひとりに対し、
安心感を持っていただき、冷静に「ベスト」な答えを出すべく
初回の30分を無料の相談にて対応させていだきます。

システム開発のご相談から解決までの流れ


法律相談のご予約

お電話か予約フォームからお気軽にご相談ください。
日程や簡単なご相談内容をお伺いし、ご希望の日程をご決定します。フリーダイヤルです。


当事務所にて無料法律相談

悩みや困っていること、ご相談内容を弁護士にお話ください。
状況やご希望を聞いた上で、過去の解決実績を元に
最善のプランをご提案させていただきます。

依頼検討、ご契約

面談で話を聞いた上で、じっくり検討してみてください。
納得行かない点や不明点は電話やメールでご質問ください。
ご検討の上、お任せいただけるようであれば契約書を取り交わします。

最終的にお客様の人生の新しい一歩目を自信をもって踏み出せる環境づくりをサポートできるように、
解決策を提案、実行してまいります。

過去の解決事例

システム開発「バグについての損害賠償請求」

システム開発の依頼を受けて完成させた後に、バグが発生してユーザーから裁判で責任を追及されました。バグが発生したことが債務不履行かどうかが争われましたが、いろいろと主張した結果債務不履行には当たらないということになり、大幅に減額した内容で和解しました。

バグが発生した場合、そのバグを発生させないことが債務の内容となっているか否かが争われます。
契約書の内容や過去の判例等をもとに主張することのより、有利な解決を得ることができます。

システム開発「システムの開発費を回収」

システム開発の発注を受け納品しましたが、いろいろと理由を付けてユーザーが開発費の支払いを拒否したので、依頼をしました。裁判を行い全額を回収することができました。

システム開発の契約においては、完成の定義が明確でないことが多々ありますので、
ユーザーが未完成であることや納期が遅れたことを理由に、
開発費用を支払わなかったり、減額の交渉をすることがあります。
交渉、訴訟、保全手続を行うことにより、回収を目指します。

システム開発への対応に関する報酬規定について

アドバンスでは、報酬規定に関して事前に必ず明確に説明したうえで、ご理解をいただくことをこころがけています。説明のない不当な請求や、旧報酬規定を法外に超える請求は一切いたしません。ご安心してご相談ください。

以下は一般的に当事務所にてお受けしている金額です。
具体的な金額は条件により変動がございますので一度相談の上、ご説明させていだきます。

初回相談料 30分無料  *30分を超えた場合は5,000円/30分をいただきます。
着手金 20万円~
報酬金 20万円~
その他 契約書チェック、契約書作成、内容証明の作成のみのご依頼も可能です(5万円より)。
* 上記の表示価格は税抜となっており、別途消費税額が加算されます。
システム開発に関しての悩みは第3者を挟まず争いになるケースが多く、
もめ方次第では世間的の評判に響くことも多くあります。
弊所はシステム開発関連のトラブル解決には自信がありますので、ぜひご相談ください。