アドバンスとは取扱業務弁護士・スタッフ報酬規程アクセス採用情報
HOME取扱い業務東京電力に対する損害賠償請求
原子力損害賠償
東京電力への直接請求
ADRセンター申立

次のような方は東京電力に対して
損害賠償請求をできる可能性があります

2011年(平成23年)
3月以降に売上が減少した

東京電力の原発事故の影響で
輸出ができなくなった

東京電力の原発事故の影響で
外国人の客が減った

東京電力の原発事故の影響で
会社を倒産させた

東京電力の原発事故の影響で
観光客が減った

東京電力の原発事故の影響で
物が売れなくなった

東京電力の原発事故の影響で
風評被害を受けた

直接請求により損害賠償金を受領
したが再度請求したら棄却された

* 一部門、一定の期間の場合も含みます。地域は問いません。

 

悩みをお持ちのお客様へ

2011年(平成23年)3月11日に起きた東京電力(東電)の原発事故により、様々な影響が出ました。
観光客は東北地方に行かなくなり、東北地方の物は風評被害により売れなくなってしまいました。
また、海外で原発事故が大きく報道されたことにより、外国人は自国へ帰り、日本への観光客は減少し、輸出も著しく制限されました。
このような状況下において、輸出業、観光業、飲食業、小売業等を営む方々は大きな被害を受けました。
現在、弁護士法人アドバンスでは、このような東京電力(東電)の原発事故の影響により被害を受けた皆様のサポートをすべく、東京電力(東電)に対する損害賠償請求を積極的に行っております。
専門のスタッフにより、きめ細やかな戦略のご提案、被害額の計算等のアドバイスを行わせていただいております。
東京電力に対する直接請求(本賠償)、原子力損害賠償紛争解決センター(ADRセンター)に対する和解仲介手続の申立、裁判所に対する訴訟手続等、ケースバイケースで最適な方法をご提案させていただきます。
なお、被害に遭われた皆様のご負担を少しでも減らすべく、期間限定で着手時の料金を全て無料で行わせていただいております。
福島県、東北地方の方はもちろんのこと、それ以外の地域の方からのご相談、ご依頼も幅広く受け付けております。この機会にぜひお気軽にご相談ください

アドバンスでは、東京電力に対する損害賠償請求についてご相談いただくお客様ひとりひとりに対し、
安心感を持っていただき、冷静に「ベスト」な答えを出すべく
初回相談を無料にて対応させていだきます。

東京電力に対する損害賠償請求のご相談から解決までの流れ


法律相談のご予約

お電話か予約フォームからお気軽にご相談ください。
日程や簡単なご相談内容をお伺いし、ご希望の日程をご決定します。フリーダイヤルです。


当事務所にて無料法律相談

悩みや困っていること、ご相談内容を弁護士にお話ください。
状況やご希望を聞いた上で、過去の解決実績を元に
最善のプランをご提案させていただきます。

依頼検討、ご契約

面談で話を聞いた上で、じっくり検討してみてください。
納得行かない点や不明点は電話やメールでご質問ください。
ご検討の上、お任せいただけるようであれば契約書を取り交わします。

最終的にお客様の人生の新しい一歩目を自信をもって踏み出せる環境づくりをサポートできるように、
解決策を提案、実行してまいります。

損害賠償請求/過去の解決事例

「輸出ができなくなったことにより受けた損害を賠償請求」

海外向けに加工食品を販売しておりましたが、東京電力の原発事故の後、中国に対して輸出をすることができなくなりました。非常に大きな取引がしばらくの間停止した関係で、莫大な被害を受けました。東京電力に対して本賠償請求をすることにより、多くの損害の賠償を受けることができました。

風評被害により、輸出ができなくなってしまった場合、
東京電力に対し、損害賠償請求をすることができます。
決算書を一定期間ご用意いただき、これまでの取引の実績を立証することにより、
より賠償を受ける可能性が高まります。

「本賠償を数回受けた後に棄却されたケース」

観光ホテルを営んでおりますが、東京電力の原発事故の影響で国内、海外からの観光客が大幅に減少し甚大な被害を受けました。東京電力に対して、自社で3回直接請求を行い、2回目までは賠償を受けることができましたが、3回目に棄却されてしまいました。その後、法律事務所の力を借りて原子力損害賠償紛争解決センター(ADRセンター)に申立を行い、賠償を受けた後の分についても損害賠償金額を受け取ることができました。

東京電力に対する直接請求(本賠償)において、賠償請求が棄却された事案においても、
原子力損害賠償紛争解決センター(ADRセンター)に和解仲介手続の申立を行うことにより、
追加で損害賠償請求をすることができます。
この手続では、仲介委員が請求権者と東京電力との間に入り、適切な損害賠償が行われるよう仲介をします。
その結果、直接請求(本賠償)で損害賠償金額を受け取ることができなかった場合においても、
適切な賠償を受けることができます。

東京電力に対する損害賠償請求に関する報酬規定について

アドバンスでは、報酬規定に関して事前に必ず明確に説明したうえで、ご理解をいただくことをこころがけています。説明のない不当な請求や、旧報酬規定を法外に超える請求は一切いたしません。ご安心してご相談ください。

以下は一般的に当事務所にてお受けしている金額です。
具体的な金額は条件により変動がございますので一度相談の上、ご説明させていだきます。

初回相談料 30分無料  *30分を超えた場合は5,000円/30分をいただきます。
着手金 無料
負担を少しでも減らすため、期間限定で無料にて承ります。
報酬金 20%~
その他 特に無し。
* 上記の表示価格は税抜となっており、別途消費税額が加算されます。
東京電力の原発事故はとても広範囲かつ大幅な影響を与えました。
直接的な影響はもちろんのこと、間接的に売上や利益が落ちた企業や事業主の方も多くいると思います。
本件においては地域に限定されることなく、被害があれば請求する権利がございます。
弁護士法人アドバンスでは豊富な経験を持つスタッフが法律に則って
正式な手続きであなたの経営のお手伝いをさせていただきます。