豊富な法律相談実績と企業法務に強い法律事務所なら弁護士法人アドバンス

電話で相談する
メールからのご相談はこちら

原発ADRとは

2016年9月20日 原子力損害賠償

平素より弊事務所のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

以前、幣事務所のコラムでも、原発事故により被害を受けた場合の損害賠償請求について、その概要をご案内させていただきました。

今回は、「原発ADR」について、ご紹介いたします。

原発ADRとは、東京電力福島第1原子力発電所の事故によって受けた損害の賠償を請求するための、一つの方法となります。
ADRとは、「裁判外紛争解決手続」のことで、訴訟手続きをとらずに、紛争の解決を目指します。
そして、東京電力に対する損害賠償請求のため、「原子力損害賠償紛争解決センター」が設置されました。
原発事故により、被害を受けたが、直接の交渉(本賠償請求)の賠償金額では納得できない、または、賠償されなかった、といった際に、「原子力損害賠償紛争解決センター」へ申立手続を行うことによって、和解の仲介手続を受けることができます。

原発ADRは、法人・個人の方、どなたでも申立を行うことが可能です。
そこでは、東京電力の基準だけではなく、各申立人の個別の状況が考慮され、審理が進み、和解案が作成されます。このため東京電力により、事故と関係がないと主張された損害も、風評被害の損害と認定され、賠償の対象となることがあります。

しかしながら、最近は、申立の増加による審理の長期化や、和解案提示後の東京電力による、和解案の拒否などもみられ、手続も複雑化しております。

そして、申立においては、様々な資料の提出が求められます。たとえば、風評被害の損害による賠償を申し立てる際に、損害金算出のための複数年度の決算書類、また、風評被害を立証するための書類などです。個人で申立をしたが、どのように進めてよいのか分からない、申立を考えているが、複雑でよく分からない、といったお問い合わせも頂いております。そのような場合にも、弁護士にご依頼することにより、ご依頼者様へ、どの様な書類を準備していただくか、また、風評被害の損害を証明するための必要な資料の提案や、ご依頼者様に代わり、資料の収集などを行ってまいります。

東京電力へ直接請求を考えている、また、これまで本賠償請求で賠償を受けていたが、拒否され、あるいは打ち切られてしまったので、原発ADRへ申立をしたい、という方は、遠慮なくご相談ください。本賠償請求及び原発ADRにつきましては、着手金0円の完全成功報酬制にてお手伝いさせていただいております。

弁護士法人アドバンスでは、原発事故による損害賠償請求について、経験豊富な弁護士・専門のスタッフも在籍しておりますので、お問合せをお待ちしております。

この法律コラムは「法律の一歩先へ」を掲げる
弁護士法人アドバンスがお届けしています。

総合リーガルグループとして、個人から法人のお客様まで、質の高く分かりやすい法律サービスを提供しています。ご相談者さまに徹底的に寄り添い、ベストな解決方法をご提案いたします。お気軽にご相談ください。

弁護士法人アドバンス 代表弁護士 五十部 紀英